脱毛サロン!その前に自分の毛について知ろう!

話題沸騰の永久脱毛。

 

めんどくさいと感じる毎日のムダ毛のケアをそれが必要なくなると今、広く人気を集めている美しくなる業です。

 

でも、そのような光を使った脱毛方法ですがそれ以前にこれを読んでるみんなは体の毛の仕組みや成り立ちがどうなっているか理解してる?

 

脱毛サロンを選ぶうえで、まずしっかりと自分の体毛について知ってるっていうのはすごく大切です。

 

それを理解しているかどうかでお店選びの時も聞きたいことを聞くことができます。

 

なのですがその仕組みをわかって脱毛サロンを選択している人はそれほどいらっしゃらないのでは。

 

そのようなわけで今回は私たちに生えている毛ってどんな仕組みでどんな構造なのか話します。

 

毛の根っこについて

まず、体毛の作りについてまとめました。女の子を悩ましているであろうムダ毛。

 

見えてる上のところを「毛幹」、お肌の下にある部分の「毛根」と呼んでいます。

 

最奥毛根の根元毛根部に続いているまーるいところを「毛球」っていいます。毛球の一番先には毛乳頭があります。

 

さらにその下毛乳頭の先端から毛細血管があって養分を吸い上げて体の毛を長くするっていうわけ。

 

そういうわけで体毛がのびるのは体毛の中でも細かい部分まで言うとその一番下の毛球の先端部の毛乳頭が司っていると言われます。

 

以上のような理由で自分で毛幹の部分を剃ってしまっても毛乳頭があったら体毛は元にもどります。

 

ちなみに、毛乳頭の部分は「毛母細胞」と名付けられた部分が生成する役割を担っています。

 

自分の毛抜きで抜毛して毛乳頭を抜いても毛母細胞と呼称されるところがのこっちゃうと次に活動する毛乳頭が作り出され、

 

その部分から再び体の毛は伸びてきます。

 

 

毛のメカニズムと周期

体の毛は伸びる、抜ける、ちょっと休憩してまた生えてくるを定まった成長パターンを繰り返します。

 

体毛の成長期は血管を伝って毛乳頭めがけて成長のための栄養が届き毛母細胞のとこまで行くんだ。

 

そっから毛母細胞の細胞分裂がたくさん起こって毛球が作られるのです。

 

そうして、その流れでこの毛母細胞がこの流れて細胞分裂を繰り返して最終的には体毛としてお肌の外の見える所まで次々長くなるのですね。

 

詳しく説明するとその成長スピードは毛によって変わってきます。

 

頭部の毛、つまり毛髪はその成長スピードが速く、1日で1/3mmほど長くなります。

 

さらに脇に生えている毛も予想より早く成長し24時間で0.3mm前後成長します。

 

また、眉や目の周りのまつ毛はゆっくりと長くなって1日に0.18ミリ前後となっています。

 

以上に述べたようにひとつ体毛といっても、その伸びる速さは全く異なります。

 

 

毛周期について

さらに、さっき述べた体毛の周期をもう少ししっかりとまとめました。

 

先に成長・抜毛・成長するを繰り返すとご説明しました。

 

もっと詳しく説明すると毛には休止・成長・退行と生え変わりの3種類の周期が存在します。

 

休止期の毛はお肌の奥、わからないところで体に生える毛が生えようとする準備をしているための期間です。

 

成長期で必要な栄養素を吸収してグーンと成長します。

 

退行期になると毛乳頭と毛が結合する力が弱まって抜けていくものです。

 

そのような理由で成長期の毛を抜いてみても皮膚のわからない箇所にこの後次に伸びる毛がまっています。

 

そういうわけで時間をかけて毛を抜いても、時期になると次に待っていた体毛が長くなってしまうというわけです。

 

この上肌の見える部分に出ている体毛は、全部の30%くらいでしかないと言われています。

 

また、毛周期というのは体に生えているパーツによってそれぞれ異なってきます。

 

毛で最も抜けるまでの毛周期がかかるのが頭髪で、伸びる期間が4年近く続いて抜け落ちる時期になると知らない間に抜け落ちていきます。

 

しかも毛髪は50本くらいが1日のうちに抜けるとなっているようです。

 

次は体の所と顔の所だと顔にある毛の周期が短めなのも特徴です。

 

フェイス部分の毛が2ヶ月くらいのサイクルですが、体の毛はほとんどが3カ月から4カ月程度と言われています。

 

以上のような理由で、全ての毛を同時に脱毛しても、顔に生えている毛が先に目立ってきます。

 

 

毛ってどんな種類があるの?役割は?

ムダ毛とは言いますがですがそれらにもきちんとした役目があります。

 

それぞれの役割についてご紹介したいと思います。

 

人間の毛は1.皮膚の保護機能2.保温・断熱機能3.感覚機能4.紫外線防止機能これら4つの役割を持っています。

 

まず、皮膚の保護機能

 

接触から守ってくれる役目を示します。

 

具体例を上げると頭は髪の毛、ワキの毛は脇がこすれることから守ってくれることがということです。

 

次に、保温・断熱機能です。

 

寒さからは身を守り、また、日光が直接あたる時には暑さを防いでくれる遮断します。

 

さらに、感覚機能です。

 

日常は意識しないくらいですが感覚は毛にも察知できるんです。

 

体毛を処理すると、皮膚の触覚がわずかではありますが弱くなるという報告もあるんです。

 

最後に、紫外線防止機能です。

 

毛には日光の紫外線を防ぐ役割を持っています。

 

以上ご紹介したようにムダ毛と呼んでいても、しっかりとした存在意義があります。

 

 

知識を持ってサロン選びを

ここまで毛についてまとめてみました。

 

私たちの毛がどんなものなのかムダ毛について説明できるようになりましたか?

 

体毛の仕組み・構造のきちんとした理解があれば光脱毛が

 

どのようなもので適切な通院期間が納得しやすくなり、脱毛サロンを探す時にきちん役立つことますよ。

関連ページ

自己処理よりサロンが選ばれるその訳とは?
自己処理よりサロンが選ばれるその訳とは?最近流行りの脱毛サロンですが、費用が掛かるなどのデメリットはありますが、その分メリットの方が圧倒的に多いです。自己処理が不要・肌自体もキレイになる・美的意識が強くなるなどサロンは自己処理より効きます。脱毛サロンでの脱毛をお考えの方は是非参考にしてください。
脱毛サロンが1回で施術が終わらないその訳とは?
脱毛サロンが1回で施術が終わらないその訳とは?主な要因は毛周期が大きく関係しています。さらに、脱毛サロンによって施術回数は違い、施術するマシンの性能が脱毛サロンごとに違うからです。脱毛サロンが1回で施術が終わらないその訳とは?詳細が分からない方は是非ご覧ください。